2015年08月23日

週刊CAMBIO NO.1138

長い休みをありがとうございました 店先は秋に

IMG_0689.JPG長い休みでご不便をおかけしました。おかげさまで十分エネルギーを補充してまいりました。に丁稚奉公のような店の仕事ですから、次の休みは正月。これで大晦日まで突っ走ることができそうです。ありがとうございました。
さて、お盆を過ぎたらそこは秋。今年も暑さの峠を越えて、どことなく秋の気配が漂ってきました。コオロギは賑やかになったし、トンボも山から下りてきたし、そして八百屋の店先にはさつま芋に続いて里芋も並んだし。今週末からは待望の梨とりんごも入荷。気温が下がるごとに果物の色づきが増し、夏野菜の生りが落ちていきます。やってくる秋は待ち遠しく、行ってしまう夏は惜しく、夏の終わりは店先もちょっとフクザツに感傷的。

ローズウォーターはイランでなくてはだめなんです!
IMG_0443.JPG
アルガンオイルとローズウォーターの発売元、宮尾商事(株)の宮尾文三さんです。長野市生まれで、大手商社の駐在員としてイランで商売をしてきた宮尾さん。その人脈を生かして輸入しているアルガンオイルとローズウォーター。それだけに現地のリアルな話は聞いていて面白い。Amazonでの販売がアメリカのイラン制裁に巻き込まれて中断してしまうという、謂れのないトラブルにもめげないのは、イスラムの国と様々な交渉をして仕事をしてきた経験が生きているのでしょう。「何があってもイランのローズウォーターじゃなくちゃダメなんです!」
暑い夏に肌のうるおいを保つのにオススメは、手のひらに広げたアルガンオイルにローズウォーターを吹きかけ、両手で混ぜて作る乳液。水と油を一つの瓶に収めるにはどうしても乳化剤が必要。手のひらで作ってしまえば素材だけの香りが良い乳液が作れます。
秋にはワイルドツリーのミツロウを使ったローズのクリームを発売予定。高価なイランのダマスクローズの香りを生かしたクリームに、どうぞご期待ください。

きんぴら工房 自家栽培麦の自家製麦茶
IMG_0449.JPG
そうか、そこまでやるか、という人がどこにもいるものですが、「きんぴら工房」のこの人たちもその一人というか親子だから二人。自分で育てた麦を、この暑い最中に鉄鍋で汗だくになりながら焙じて、麦茶に仕立てちゃった。煎りたてで飲んで欲しいから少量ずつ焙煎して、期限が切れたら未開封のものに限って回収するというおまけつき。陽気も暑いけど、なかなか気持ちもアツいね。
水にティーバッグを入れておくだけ、というカンタンが一番という方が多い中で、CAMBIOには手間がかかっても美味しいものをお求めの方がおいでになります。そんな方にはこれを是非お試しいただきたく存じます。そして、もしご不満がありましたら遠慮なくお申し付けください。製造者に伝えますので。150g 400円
   
研ぎ玄のコラム 切れてこそ NO.334  キレイでこそ (13-1)
 看板には「研磨」の字を入れているけれど、一般的には研磨は「面」を滑らかにする行為を指す場合が多い。「刃物研ぎ」も面を作る作業なのだけれど、実際には面と面がぶつかってできる「稜線(刃先)」を作るのが目的だから、研いだ面が必ずしも「キレイ」とは限らない。とは言え、刃先が均一に仕上がっている目安になるから、仕上がった「面」は重要なチェックポイントになる。ただし、店先に並べられた刃物の面は「見た目」重視だから、切れ味とは無縁な場合が多く注意が必要だ。
 包丁を研ぎ上げると「キレイになった」という感想を述べる方が多い。厳密に言えば、付着している汚れが抵抗となる可能性はあるかもしれないけれど、多くの場合ついでに汚れも落としているだけのことなのに・・・。だ。本来、使い終わった包丁を毎回キレイに洗っていれば、改めて研ぎのついでに掃除する必要など無い筈だ。寧ろ、あまり清潔とは言えない「研ぎ場」でいじくりまわされた挙句、殺菌もされていない布で拭かれた包丁は「キレイに洗ってから使う」のが正しい使い方だと思う。まあ、そのまま使って体調を崩すようでは日常生活が送れないけれど、雑菌が繁殖し易い調理器具を甘く見てはいけない。焼肉で取り箸を使用しなかったばかりに「食中毒」なんて事はざらにあるのだから。また「汚れ」とは言えないかもしれないけれど、研ぎたての包丁には独特の鉄臭さ(特に錆び易いものには)がある。毎日包丁を研ぐ和食の店では、これを嫌って先ず大根を切ったりして臭みを消していたりするくらい「臭い」には神経質になっている。折角の料理に「異臭」を付けない為にも調理器具や器は丹念に洗い、臭いで確認する習慣を付けたいものだ。

CAMBIO店主のコラム 雑言 NO.1138
とうとう今年の夏もてっぺんまで登りきり、お盆から先は陽気も食べものも秋の気配を濃くしていく。すでに日差しは傾き始め、日の出は遅く日の入りは早くなってきた。涼しくなって赤とんぼが山から下りてくると、少し斜めから目を射る日差しに赤とんぼの羽が輝き、陽気よりひと足早く目に秋をもたらす。今年もあと4か月余り。季節は一気に正月に向かって駆け下ってゆく◆今年も秋には古本市を開催するために、この暑いさなかに打ち合わせを重ねている。第6回になる岡谷まち歩き古本市+古道具市の日程は10月27日(火)から11月3日(火)の8日間。八重桜の並木が紅葉に染まる秋は、古本に加えてセピア色の古道具を半分の会場に展示して、かつてのアナログな生活を振り返るイベントにする予定◆今回も最初の打ち合わせの前に事務局の3人が集まって、アバウトな骨格と進め方を実行委員会にどう提案するか協議した。実行委員会を束ねる事務局を担うのはおじさん3人。書店の社長と古本屋の旦那、八百屋のおっさんという構成。最初に「やるか!」と動き出した3人が、役割を分担しつつ企画を進め、イベント全体の責任を負う。今回は3回目となる古道具市を、これから先どう位置付けていくのか見据えて開催することが課題となっていた。古本屋と書店が存在するだけに、古本についての先行きはだいたい見通すことができるが、古道具に関しての今後はまだ未知数。ひと口に古道具といっても、そのカテゴライズは自分たちの中にも世の中にも確たるものは存在しない。古道具、骨董、古美術品の敷居はあってないようなもの。古いモノであれば何だって古道具といえないことはない。電話帳で、健康食品のカテゴリーに自然食品もオーガニックショップも一緒くたに入れられるのとよく似ている。そんな中で、この古道具市での古道具とはどんなものを古道具とするのか。これから続けていくうえで、どんな提案をしようというのか◆話し合った結果、われらが古道具とは「暮らしに役立ってきた道具」ではないか、ということになった。かつては家の中で役立ってきたものの、生活様式が変わったことで本来の目的は失われてしまったが、その素材感や存在感が今も失われていないもの。今も同じ用途の道具は家に存在し、安価でカラフルなものならいくらでも手に入るが、道具を作る人の仕事ぶりが窺えるもの。今は機械がお任せで作ってくれるものを、エネルギーを使わずに人間の手で作るためのもの、などなど。かつての暮らしに役立っていたものの、技術の進歩や家電の進化でいったん役目を退いて物置や納戸に眠っているもの・・・というイメージ◆そして、ひとつのテーマとしてくくるために「昭和の暮らし」という言葉を冠することにした。ただし、その言葉には戦後の昭和に生まれて経済発展を謳歌した世代が、強烈なノスタルジーとして反応するのではないか、という危惧があった。その世代の人たちが集まって、みんなで盛り上がって会場で昭和のフォークソングでも歌い始めたら、それはこの古道具市の意図とはちょっと違う。古道具を集める意図は、そんな道具を知らない世代に向けての提案であって、自分たちを含めた昭和育ちの人たちのノスタルジーを掻き立てることではない。そこをどう表現して意図を伝えたらいいのだろう。でも一番問題なのは、そう言っている自分たちが昭和に対するノスタルジーに色濃く染まっていることなのではないか、と気が付き始めている。これを拭い去ることが、一番難しいのかもしれない。いったい自分は何を言いたいのだろう、何をやっているのだろう、と分からなくなってきてしまったぞ。
posted by cambio at 08:47| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

週刊CAMBIO NO.1137

8月13(木)〜17(月)は夏季休業 研ぎ玄は12日(水)

来週13日(木)から17日(月)まで夏季休業をさせていただきます。研ぎ玄は水曜が定休のため1日早く12日から休業。休み明けはどちらも18日(火)から再開します。休業日前後は出荷を休む生産者もあり、ご不便をおかけしますが、どうぞご了承くださいませ。
★週刊CAMBIOも来週は休み。次号は19日(水)の発行です。

夏の栄養補給に冷たい玄米甘酒 250㎖ 320円
IMG_0438.JPG
甘酒は俳句の季語では夏。身体が温まるから冬の飲み物だと思ってしまいますが、実は滋養が豊富なので、昔から夏バテ防止によろしいとされてきました。江戸時代には甘酒売りの行商が口上を述べながら売り歩いたので、夏の風物詩となったそうです。
甘酒は「飲む点滴」と言われるように、ビタミンやアミノ酸、ブドウ糖を大量に含みます。だからあまりの暑さで食欲が落ちてしまった人には、栄養補給にぴったりの飲み物。冷やして飲むと美味しいんですよ。
CAMBIOの玄米甘酒は、立科町芦田の旧中山道沿いに店を構える老舗「酢屋茂」さんの品。玄米に麹をつけて作るので、色がちょっと黒くて濃厚な感じ。3倍に薄めて飲んでください。氷を浮かべるのもいいですね。ひと袋でグラス3杯分ほどの甘酒が楽しめます。砂糖の甘さとは違うあっさりとした甘さで、お菓子作りや料理の甘味料にも人気です。

のどや目に優しい 天然除虫菊の蚊取り線香 

今朝の明け方、カミさんがベッドで暴れるので目が覚めました。何か悪い夢を見ているのだろうか、夫の何気ない言葉がストレスになって復讐を企んでいるのだろうかと、胸に手を当てて考えてしまいました。
起きてから恐る恐る暴れていた理由を尋ねると、何のことはない、蚊が執拗に顔の周りを飛び回っていて、数か所刺されたのだそうです。蚊は同じ部屋にいる私には全然見向きもしませんでした。そんなにオレはマズそうかな・・・。
そんな寝苦しい夜にならないよう、天然除虫菊で蚊をやっつけましょう。農薬成分を含まないので目やのどにやさしく、子どもたちにも安心です。でも、やけどには十分気を付けてくださいね。
★かえる印のナチュラルかとり線香 30巻 934円(手前)
★キントビかとりせんこう 30巻 892円(奥)


美味しい枝豆だだちゃ豆、もみしそをゆかりや漬物に
お待たせのだだちゃ豆、始まりました。暑いもんね、夜はビールじゃんね。そしたら、やっぱり枝豆さ。山形の庄内特産で、ホンワカとした独特の風味と甘さがあるだだちゃ豆は、やっぱりひと味違うのだ。枝豆を美味しく茹でるには、塩で揉んでからお湯に放つのがコツ。少し強めの塩加減で茹で上がりはちょうど良い、ってのはビール飲みの都合かな? でも、そのくらいの方が甘さを感じるのは確かですよ。
塩で揉むといえば、もう一枚の写真は赤しそを塩で揉んだもみしそ。梅干しに使うものですが、土用干しまで来ちゃったのにたくさん在庫が残ってます。全品半額にしますので、乾燥させて「ゆかり」にしたり、きゅうり漬けや柴漬けにいかがでしょう?
IMG_0361.JPG
IMG_0356.JPG
美味しい八ヶ岳のベーコンと生ソーセージ 来週から生ハムも
sat&sun.jpg
原村のペンションビレッジ内にある「八ヶ岳食工房」は、夏の間毎週土日に限って「Musicman Cafe Sat&Sun」をオープンしてます。生ハムを作っている工房の涼しいテラス席で、美味しいプレートランチが食べられる。写真は生ハムとソーセージ、ビーフパストラミが乗った「Sat&Sun(サタサン)・プレート」。
生ハムを作る加藤公貞さんは、某大手レーベルの音楽プロデューサーでもあり実に多才な人ですが、ただいまさらにスキルを磨いて新たな国家資格に挑戦するため、化学の分子構造や生物の細菌学などの、講義を週二日間受けている最中でもあります。美味しい生ハムだけに満足しない、そのエネルギーに脱帽。
しばらく欠品していたベーコンブロックと、生ハムソーセージも今週からCAMBIOの店頭に復活しました。来週からは生ハムと大人気になった生ハムのオリーブオイル漬けも再入荷。国内でも稀有な美味しさと評価された生ハムです。ビールやワインとともに是非。

   
研ぎ玄のコラム 切れてこそ NO.333  「キレイ」でこそ (12−2)
 以前、研ぎ玄はカンビオ二階で営業をしていた。鉄製の階段だから、通常は足音で来客を知らされていたせいか、今でも階段昇降音にはつい耳をそばだててしまう。以前は足音がした後に当人の姿が現れ、現在は姿を見かけた後に足音を聞く事になるので「想像する楽しみ」は幾分変化をしてしまったけれど、相変わらず楽しませて頂いている。とは言うものの「見た目以上に足の筋力が落ちている現状」を再認識するケースが多すぎて、不安になる事もしばしばある。老化は足からやってくるのです。
 「フォーミュラE」という自動車レースが開催されるようになった。電気自動車で競うレースだからエンジンの爆音がないけれど、それなりに騒音は出るから「臨場感」は十分にあるらしい。自転車レースを初めて見た時も、集団が通り過ぎる時に出す音の大きさに驚いた経験がある。恐らく、数十キロのスピードを保って巡航可能な乗り物の中で、最も静かだと思われる自転車ですら「うるさいレベル」の騒音(受け取り方次第で)を出す。バイオリン奏者が初めて弾いたときの印象を「うるさい楽器だ」と言っていたのも印象的だった。研ぎ玄の仕事も騒音が付き物なので、極力「キレイな音」を出すように心がけている。けれど、どんな音でも受け取り方の違いで評価はきまってしまうから、万人が常時好む音の存在なんかは有りえない。ということで、通常の生活では先ず「音量を押さえる」気配りが必要だと思っている。その上で、音色を磨いていく(技量を高める)努力は欠かせないものだ。世の中には音で確認する事柄が多く、駅のアナウンスのようにアリバイ的に大音量で複数の駅員ががなり立てていれば、暴力沙汰が起きても不思議はないし、まともには聞いてもらえない。

CAMBIO店主のコラム 雑言 NO.1136
暑中お見舞い申し上げまする。もうあきれるほど暑くて笑っちゃいますが、われらが店は今年もエアコンなしで毎日元気に営業中。カメレオンの化身である寒さに弱いスタッフたちも、夏はエアコンがないほうが生き生きとしているように見える。問題は野菜たちが店頭でお客さんを待つ間にくたびれてしまうこと。なるべく冷蔵ショーケースに避難させて、少しでも傷みを少なくしようと思っていた矢先にその冷蔵ショーケースがダウンしてしまった。なんてこったい◆「バチッ!」という音がして冷蔵庫のコンプレッサーが止まったので、嫌な予感がした。見渡してみると4台ある冷蔵庫がすべて止まっている。ややや、34℃の中でこれは一大事でござる。配電盤を開けると主電源が落ちているので、すべての電源を切ってから一つずつ入れていくと、オープンショーケースが問題であることが分かった。漏電ボタンが出ているので、どこかで結露が回路に入り込んでショートしているようだ。やっぱりね・・・。ドアのないオープンショーケースは湿気が多い夏になると、結露でびしょびしょになってしまう。毎朝、開店前にひと通り乾いた雑巾で拭きまくって水分を落としてやるのだが、この暑さと異様な湿度で日中も結露が止まらなかったらしい。オープンショーケースだけ電源を止めたままで数時間、結露が乾いたところで電源を再投入すると無事動き始めた。しめしめと思ってそのまま運転を続けていたら、これを書いている最中にまたしても・・・。同じことを繰り返すのは、使い手側の意識がちょっと甘いからだな◆今どきの学校運動部は熱中症予防のために、十分な水分を取るように指導者が口うるさく言うけれど、私たちが高校生の頃は逆にあまり水を飲ませてもらえなかった。山岳部では「水を飲むとバテる」というのが定説のようになっていて、猛暑の中の練習中でも練習が終わるまでは水を飲むことを厳しく制限された。夏山を重い荷を背負って歩いていても、1時間に1回程度の休憩中にひと口かふた口程度しか飲まなかった。慣れない1年生の時は、水を飲ませてくれない上級生が鬼のように見えたが、2年生になると当たり前のように自分も下級生には水を飲ませなかった。実際に水をあまり飲まずにいると、歩き始めて2時間ほどで汗が出きり、それほど水が欲しくなくなる上に、カラダも楽になるように感じた。それ以来、夏に汗をかく時期は意識的に水分を絞って、仕事が終わるころになると水分を補給するようにしてきた。でも、意識とカラダのギャップに気が付き始めたこの数年は、さすがに怪しい経験則よりも科学的な根拠に基づいた水分補給を優先するようにしている。レジの後ろでひっくり返ってピクピクしてたらみっともないし◆そんなカラダの使い方をしてきたせいか、アタマが軽いおかげか、私は暑かろうが寒かろうが気温のせいで体調が変化することはない。暑いと汗をどんどんかくとカラダの代謝が良くなって、よけいに体調がよくなってしまう。暑ければ暑いほど食欲が出てきて食べ過ぎてしまう。ビールも飲むから夏になると困ったことに体重が増える。そして薄着になるからお腹が目立つ、という困った問題も抱えているのだ。
posted by cambio at 07:57| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。